「責任は重大」と指摘

STAP細胞論文では、責任著者の一人として小保方氏を指導し、
今年1月の記者会見に同席。理研調査委員会の最終報告(4月1日)は、

笹井氏の不正行為は認めなかったが、指導者としての「責任は重大」と指摘していた。
論文が不正と認定された後の4月には東京都内で会見し、ヤミ金 対応指導の不備を謝罪したが、STAP細胞の存在そのものには自信を見せていた。
理研が進めている検証 実験には小保方氏も参加。理研は新たに指摘された論文疑惑について調査を開始し、小保方氏や笹井氏らの処分を凍結している。理研の野依良治理事長は「驚がくしている。世界の科学界にとって、かけがえのない科学者を失ったことは痛惜の念に堪えない」とのコメントを発表した。
【かなり、しんどかったのだろうと思う。
NHKスペシャルでの滅多打ちにやられた のだろうか…。 しかし、何も、自ら幕を引くことは なかったのでは? あと、小保方さんに言いたい。 自ら幕を引くな。そして、NHKみたいな DQN・有象無象・魑魅魍魎は、あちら こちらにウジャウジャいるから気を付けた 方が良い。

Previous Post

Next Post

Comments are closed.