シカトしたら

こういった数字が出るたび、やはりタレントの最大の敵はアンチではなく「無関心」なのかと思う。

私が夜愚痴魔痢とツ痔之憎ミの徹底糾弾をやめる事は、奴らが死にでもしない限り無いが、ネガキャンの手法も様々な方向からのアプローチを考えるべきか…

奴等をシカトしたら己が行動を容認されたと都合良く解釈して悪行に拍車がかかるのは火を見るより明らかなのでブログなど奴等の利益に直結する物はスルーしてニュースは糾弾すると言う現在のスタンスを継続するのが正解だと思います。(^_^)v
 
やはり冷静に先を見据えると、現状ではそれがベストになりますよね。

これからはいかに奴らの収入の元を縮小できるか、奴らへの世間の関心度を減衰させられるかが肝でしょうね。

あの一ヶ月一万円生活の最終夜でも、女性アイドルながら過酷な企画に挑戦した理由を
「少しでも多くの人に今の娘。を知って欲しい」
と涙ながらに語っていた。

毒舌ナルシスキャラも、悪役を買って出る事で自分が目立てば、結果的にグループとしても注目して貰えるとの思いから。

こんなに献身的グループ愛に満ちた娘。がかつていただろうか?

今後はリーダーという立場として、いかに今の娘。の存在とその魅力を知らしめるか、刮目しよう。

Previous Post

Comments are closed.