スケスケのパンツ姿

その人格は普段は眠っていますが、上記のような状況を目にすることでそのスケベ根性が生起します。
これは自然の摂理であり、

女性が「いいよーカモーン!」と言ってるシグナルと勘違いするわけです。
そしてこれは何もそういう格好の女性だけに興奮するのではなく、そういう肌を露出した女性を見た後も暫くの間は興奮状態に置かれます。 よって「私はジーパンはいてた」とか「地味な服装だった」とかいう話はあまり性犯罪被害とは無関係のような気がします。
つまり、スケスケのパンツ姿を見て欲情してしまったもともと性欲旺盛な男と偶然遭遇すると、性被害に遭いやすい状況となります。
アメリカなどは自由の国と言われますが、カトリック教徒などが多く住んでおり、以前にもローライズジーンズ禁止令が出た州まであるほどです。 欧米などほとんどの国では、男性を挑発するような格好は慎むのがマナーですが、日本人女性にはそれが大きく欠如している。 娼婦のような格好をしているのは、恐らく世界で一位じゃないでしょうか?

Previous Post

Next Post

Comments are closed.