セロトニン神経

アルコール、お薬、色々な食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と呼び、肝臓の果たしている最も大切な役割分担のひとつだと言えるでしょう。

脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みのブロック、あらゆる覚醒現象などをコントロールしており、気分障害(鬱病)の患者さんはその作用が鈍くなってることが判明している。

大体は水虫イコール足、こと足指の間にできやすい皮膚病だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は決して足だけではなく、体の様々な部位に感染する危険性があるのです。
今、若年層で感染症の一種である結核に対しての抵抗力、即ち免疫力を持っていない人々が増加したことや、受診の遅れが要因の集団・院内感染の発生頻度が高いようです。

AIDSというのはHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって罹患するウイルス感染症の事であり、免疫不全となり些細な細菌などが原因の日和見感染や悪性新生物等を複数発症する症候群のことを指し示します。

Previous Post

Next Post

コメントを残す