ドラマCD

そこをクリアするのが「有権者(国民)に明確な責任をすること」であって、それが政治の責任なんですよ。

(それをやることで、また、行為者に行為時においてその故意及び不法領得の意思があったと認められることを回避できるのです)
こういう点で考えると、面白い(笑)

夏コミ合わせを予定しているドラマCD、「恋立聖賢(れんりつせいけん)」〜接触編〜(仮)と、秋以降イベント合わせを予定しているドラマCD&同人誌「小日向姉妹の憂鬱(仮)」のシナリオをぼちぼち書き始めたのだが。
本腰入れられないのは、前回冬コミ進行やって、会社の通常業務を一切先延ばししたツケが回ってきたことと、ほら、確定申告の準備が(苦笑)

でで。 「小日向〜」はどちらかというと純粋でのんびりした、パステル色な感じのお話。
感情が直接出るように見せかけて幾重にも複雑な思いが重なっているという、書いていて非常にもどかしいお話なのだ。

特に「時空を流浪する関係で恋愛は絶対に成就できない」って縛りがあるので、その方面のエピソードが出来る話は、泣けちゃうぞ(笑)
逆に「れんりつ〜」はおまいら自重しろwwwwって感じ。

Previous Post

コメントを残す