合格率の値

日本の司法書士試験においては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの条件は不問ですので、どなたであろうとも試験を受けることができるように なっています。

これまで法律についての知識を何にも持っていないという方であっても、キッチリ受験対策を行うことにより、合格可能でございます。
一般的に国家試験の税理士試験の合格率の値はおよそ10%程度と、高い難易度であるとよく言われているにしては合格率が高めとなっています。ですが、1発目で合格を勝ち取るのはほぼ0%で受かる可能性が低いと昔から言われているようです。

いざ税理士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、すっごく難関ですが、独学で挑戦しようと思われている方は、一番に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから入るのがおすすめです。
昔は合格率の割合が10%台を保っていた行政書士試験でございましたけれども、今となっては10%よりも低い率におさまっています。合格率が一桁台である場合、難易度レベルが超高い難関資格のひとつとして考えてもいいでしょう。

現実司法書士国家資格試験の合格率は1〜2%位と言われています。現在法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院の教育機関が開講されて、そこでの教程を修了することで新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位が入手できます。

Previous Post

Next Post

コメントを残す