周囲

内臓に脂肪が多く付いた肥満が確認され、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2〜3項目当てはまるような健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼んでいます。
耳鳴りにも種類があり、本人だけに聞こえるという部類の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように本人以外の人にも品質の高いマイクロホンを利用すると響いてくる点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。
心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭くなってしまって、血流が途絶えて、酸素や色々な栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞そのものが死ぬ深刻な病気です。
WHO(World Health Organization)は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎは皮膚にトラブルを起こすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する行為の禁止を強く世界中に勧告中です。
暗い所だと光量が足りなくて物が見づらくなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼球のレンズのピントを合わせるのに不必要なパワーがかかり、明るい場所で物を見るよりも疲れやすくなるのです。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口腔から血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺に続く気道から血が出る症状で、吐血というのは十二指腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る状態を示しているのです。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間にあってクッションのような役目を持っている椎間板(ツイカンバン)という名称の柔らかくて円い形をした組織が飛び出た症例のことを称しているのです。
「あまりにも忙しい」「うっとうしい様々なお付き合いがとても嫌だ」「テクノロジーや情報の高度な進歩になかなか追いつけない」など、ストレスがのしかかる要因は人によって異なるようです。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術(CABG)」の双方の治療方法が一般的に採用されています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常によりもたらされる発疹で、皮脂の分泌異常の主因として生殖ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な不足等が関わっているのです。
今時のオペ室には、W.C.や専用の器械室、準備室を作り、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を備えておくか、そうでなければ近距離にその専門室を用意するのが慣例である。
折り目正しい穏やかな暮らしの継続、腹八分目を心がけること、軽い運動や体操など、一見アナログともいえる体への注意が肌の老化防止にも役立つといえます。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月から予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるため、病院などで注射する個別接種の扱いに変更されています。
好気性桿菌の結核菌は、菌に感染している人がゴホゴホと咳き込むことで内気に放出され、空中にふわふわ動いているのを他人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。
学校や幼稚園などの大勢での団体生活をする際に、花粉症の為にクラスの皆と同時に外で思いっ切り運動ができないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。

Comments are closed.