変更が必要

然しこれだけ豊かな日本の自然環境を活かせば、石油・ガス・原子力以外の自然エネルギーを増やし、一方でもっと自然に依拠した省エネルギー社会が築けるものと思います。

然しそれには私たち日本人ひとりひとりに「覚悟」が必要です。
自然エネルギーを増やすということは、通常、コストアップを意味します。 私たちは、それを目的とする電気料金や税金のアップといったコスト負担を受け止める「覚悟」をしなければなりません。
省エネルギー社会へ移行するには 医師 浮気、抜本的なライフスタイルの変更が必要です。
単なる「電気をこまめに消しましょう」「冷房の設定は○○度にしましょう」といったレベルではなく、今までは便利だからと使用してきたものの必要性を今一度見直し、アメリカ的消費スタイルを見直し、ある程度不便な生活に耐える「覚悟」をしなければなりません。
それでも、南の国に進出することも出来ず、原子力に頼ることも出来ない我が国の進む道は、もはやそれしか無いものと思います。

Previous Post

Comments are closed.