当然あり

結婚して家 族になっていれば、お互いに気持ちが冷め切っていたとしても『形式・戸籍の上でのつながり』までは断ち切れないですし、

よほど家族から嫌われたり恨まれる ことをしていなければ『最低限の相互扶助・介護(本人がしなくても病院や施設に入退所する手続き代行など)』くらいは得やすいだろうと思います。
婚姻・家族の関係がなければ『本人が離れたり・どちらかが別れたいと思った時』が即座に永遠の別れということになりやすいですし、『長期的な関係性・相互扶助の努力項目』などが実際にどの程度まで守られるかも不透明ですので。
婚 姻関係があっても『本気の不倫や熟年離婚・完全な別居状態(相互の生活への不干渉)・嫌悪感や怨恨の発生(子供から嫌われる・絶縁される)』などがあれ ば、結婚していない仲良しな男女や友人よりも悪くなってしまうこともあるでしょうが、結婚して終わりではないので結婚した後にも良好な関係やイメージを維 持する努力義務は当然ありますからね。

Comments are closed.