必要は全然ない

安倍総理と全く同じ事を管直人や鳩山由紀夫が言ったら叩きまくったと 思います。
属人的に物ごとを判断する事も場合によっては必要でしょうが、

この法律についてはその必要は全然ない、というよりしちゃいけない事例だと思いま す。
この法律の主旨、電子タバコで禁煙集団の中には信用出来ない人間が混じるからこそガードが必要、という点を考えればこそ、それを時系列的に捉えればその主旨に反するバ グが潜んでいるこの法律は、論理的に欠陥品だと思っています。
しかも、機能をしない欠陥ならまだしも、国民にとって不利益に働き得る欠陥が内蔵されてい る、と思います。敵の敵が味方になるケースもありますが、敵の敵はやっぱり敵というケースもあって、今回は「日本VS他国」や「保守VSリベラル」ではなくて、「一般国民VS政府・官僚組織」という構図で見るべき要素が大きいと思うんですよね。正 直この法律は、竹島問題と同じく「もはや絶望的に手遅れ」というのが実感です。
が、では諦めて放置するのが良いとも思えません。

Comments are closed.