思うかどうかが全て

社会規範(絶対にしなければならない行為か)や常識感覚
(圧倒的な多数派によって行われていて異論が通用しないか)、

周囲の評価(周囲の親や友人知人が自分の現状や相手をどのように評価するか)にかなりの部分を依拠しているところがある。
故に恋愛・結婚という行為は、自分が恋愛(結婚)したいと思うかどうかが全ての『プライベートかつ本能的な行為』としての側面を持ちつつも、自分 が帰属感を持つ社会・家族・組織の中において自分が恋愛・結婚することがどれくらい強く期待されているか不倫調査 山梨(どのような相手と付き合ったり結婚することが望 ましいとされているか)という『パブリックかつ社会的な行為』としての側面も持っている。
異性とコミュニケーションすることが好きで、恋愛・性に積極的な人は『プライベートかつ本能的な行為』としての傾向がもちろん強くなるだろうが、 同じコミュニティに属しているみんなが恋愛・結婚をしているから(しなければ変な人と思われそうだから)とか、周囲や親がうるさいから(社会常識・動物の 遺伝子保存に照らせばそれが当たり前だから)とかいう理由が意識される人は『パブリックかつ社会的な行為』としての傾向が強まる。

Previous Post

Next Post

Comments are closed.