日本人

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や煙草を吸う事・お酒を飲むこと・肥満症などの生活習慣が悪化したこと、ストレス等により、現在日本人に多く発病している疾患だということができます。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、患者が咳き込むことで空間に投げ出され、空気中でふわふわと動いているのを誰かが空気と一緒に吸い込むことによって感染していきます。
通常ならば骨折は起こさない程度の小さな圧力でも、骨の狭い部分に幾度も次から次へと力が加わってしまうことで、骨折へとつながることもあります。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者以外にも性能の良いマイクロホンなどを利用すると聞くことのできるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓にあるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で壊れてしまったことにより、結果的に膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなってしまい発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
吐血と喀血はいずれも口から血を吐くことですが、喀血の方は喉から肺を通る気道(呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血というのは十二指腸よりも上部の消化管から出血する状態を表します。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ後追い調査の結果では、成人と比較して体の小さな未成年のほうが漏れた放射能の害をより受容しやすいことが見て取れます。
現代のオペ室には、手洗い場や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設置し、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を用意するか、側にX線のための専門室を用意するのが慣例となっている。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有する血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液、母乳といった類の体液が、看病する人等の粘膜や傷口等に接触する事で、感染の危険性が高くなってきます。
塩分や脂肪分の大量摂取をやめて簡単な運動に尽力するだけでなく、ストレスの少ないような暮らしを続けることが狭心症の要因となる動脈硬化を事前に防ぐ方法だといえます。
高血圧(hypertension)の状態が継続すると、血管に強い負担がのしかかり、全身至る所のあちこちの血管にトラブルが生じて、合併症を起こす割合が大きくなると言われています。
フィトケミカル(phytochemical)の一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質について、肝臓の持つ解毒酵素自体の創造を促進しているのではないかという新たな事実が明らかになりました。
ハーバード大学医学校(HMS)の調べによると、1日あたり2杯以上ノンカフェインのコーヒーを飲めば、直腸癌の発病率を半分以上も減らせたのだ。
触れ合うことで、要介護者がセラピードッグのことをすごく可愛いと思った時に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌された結果、ストレス緩和や癒やしにつながるのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、身体の中の脂肪の溜まっている%のことであり、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、キロ)×100」という式で分かります。

Comments are closed.