普段とは違う様子

NHK解説委員主幹の長谷川浩氏の怪死事件と山梨大学に転じた若山教授のコメントもない、笹井氏の自殺、これは自殺でなく、口封じの他殺だと思うは穿ち過ぎ、思い過ぎだろうか?

加賀屋室長は「電話やメールでやりとりはしていたが、普段とは違う様子だった。心身とも非常に疲れていた」と述べた。  
とのことだが、加賀屋悟広報室長はそこまで判っていたら、スポットの当っている小保方晴子女史や笹井センター長らなのだから適切な対応を、措置を取るべきじゃなかったのではないだろうか?  
理研は当初、否、理研だけでなく理研、科学界、NHKや大マスコミら国を挙げて、恰もあの山中伸弥京大教授がノーベル賞を貰った時のように騒ぎに騒ぎ立てたものだ。  
ところが一転、手のひらを反して、小保方晴子叩きが始まり、曲者の山梨大に転出した若山照彦らを中心として理研の専門バカ学者集団の連中らが小保方晴子さんだけでなく、笹井センター長まで金の使い方がおかしいとか裏話など出して叩くようになった。

Previous Post

Next Post

Comments are closed.