法律を軸に

社会人をしながら税理士になることを夢みている方も多くいるようなので、あなたの取り掛かれることを限りある時間の中で日ごとちょびっとずつやっていくということが税理士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。

常日頃から「法律を軸に物事を捉えられる人間」であるか否かを選別するような、かなり難易度が厳しい受験になってきているのが、ここ数年の行政書士試験の現況といえるのでは。

試験システムの見直しと同時に、従前の運・不運に影響される博打的条件が除かれ、実際に腕前があるものかが判別される国家試験へと、昨今の行政書士試験はリニューアルしたんです。
状況が許せばリスク回避、確実に、用心するに越したことはないという狙いで、税理士試験の場合専門スクールに通う方が効率的ですが、独学で行うというのを選択の道に入れても差し支えないです。

実際に全資格試験科目の合格率の平均値は概ね1割とされ、他にある難関といわれる資格よりも合格率が大分高いように見えてしまいますが、これについては各々の試験科目の合格率の数値で、税理士試験トータルでの合格率では決してないのです。

Previous Post

Next Post

コメントを残す