現状において

原発建設地の方々は、非常にシンプルに申せば、原発リスクを取らされる見返りに援助を受けていることになります。

そしてその結果として、原発無くして、援助無くしては、当該地の経済は立ち行かない状態となってしまいました。 つまり、麻薬と同様、一度注入してしまったら止められない状態になります。
これは初めから地元の方々をシャブ中毒にすることを意図して国策として進められてきたものですから、地元の方々を責めることは出来ません。
一方で、だからと言って、あれだけの大事故を起こし、解決もままならず、原因も明確になっておらず、再発防止策すら定まっていない現状において、「地元経済が立ち行かなくなるから」という理由で原発を再稼働させることは全く本末転倒です。
当面の地元経済については、地元住民を原発シャブ漬けにした国がきちんと補償して生活の面倒をみる、その間にきちんと原発の安全性について、万一の事故の場合の対策についてきっちりと議論し、定めた上で、再稼働の是非を決定すべきです。

Previous Post

Next Post

Comments are closed.