知識・情報

基本的に司法書士試験につきましては、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の限定はされていませんから、どんなに若くても年を経ていても試験を受け ることができるようになっています。

万一法律につきましての知識・情報がゼロの初心者であろうと、確実な受験対応法をこなすことによって、合格できてしま います。
行政書士につきましては、たとえ全て独学で行っても合格を可能とすることができる資格であります。中でも只今社会人の方が決心して努力する資格としましては望みが高いですが、その反面すこぶる難易度も高でございます。

1年に1度2、3万人辺りが試験に挑み、そこから600人〜900人強しか合格できないのです。こうした現状に注目しても、司法書士試験難易度が超高いというのがわかるものです。
行政書士の国家試験の制度の改定に伴って、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる博打的条件が一切なくなり、実際に能力があるのかどうかといったことが品定めされる実力第一の試験へと、行政書士試験は一新したのです。

法律系の資格の中におきましても、専門的特性の業務を担う司法書士と行政書士でありますけれど、現実の難易度に関しては司法書士の方が一段と壁が高くて、その上取り扱う業務内容にもいくらか各々異なっております。

Previous Post

Next Post

コメントを残す