肥満と診断

UVB波は、UVA波より波長が短いという特徴があるのでオゾン層で一部分が吸収されますが、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけたりして、皮膚にとって悪い影響を与えることになります。

内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2つ以上に相当するケースのことを、メタボリック症候群と呼びます。

流感とも呼ばれるインフルエンザに対応する予防テクニックや治療方針等原則施される措置自体は、それが季節性インフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わらないのです。
「あまりにも多忙だ」「うっとうしいお付き合いが多すぎる」「先端テクノロジーや情報の著しい進歩に付いていくのが大変だ」など、ストレスを受ける場面はみんな違います。

アルコールをクラッキングする作用があるナイアシンは、苦しい二日酔いに大変有効です。ゆううつな宿酔の根源物質とされるエタナール(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングにも力を発揮しています。

Previous Post

Next Post

コメントを残す