適度に大人

人には「適応力」があります。 歩み寄る,折れ合う,尊重し合う。 そうした適応は,社会を営む上でも大切なこと。

条件提示ばかりでその先に進めない人は,おそらく「適応すること」を忘れたのではないかと言う印象です。 適応力が不十分なのは,男女共にみられることです。
適応力や心の柔軟性は,適度に若くて適度に大人で適度に経験を積んで……と言ったバランスの良い時期に,いちばん発揮されます。 「適齢期」と呼ばれる時期が, ヤミ金通報そんな時期なのではないでしょうか。
もちろん,結婚しなくても社会人としてしっかり活躍している人も居ます。
そんな人には,結婚できる能力があっても,やむを得ない事情や本人の判断で,結婚を見送った経験があるかも知れません。 問題は,結婚を希望しても実現しない場合。
それと,最初から(社会参加としての)結婚を拒否する人。 ある意味,社会的不適応。 ある意味,社会への参加の出来ない人。 結婚しないことを礼賛する人には,社会的不適応の正当化が背景にあるのではないでしょうか。 それは本能にも社会にも背いている。

Previous Post

Next Post

Comments are closed.