STAP

これは、最初死亡していたにも関わらず 「再生を試みている」という名目で 病院での死亡に 切り替えて 「司法解剖」を逃れるためだったのではないか?

※病院で医者が死亡確認をする形式にすると 司法解剖はしなくてよいことになる。 本来 他殺であるが 自殺偽装されている死体は 司法解剖されると 死因が「他殺である」 とばれる。
それを「まだ生きている」という形にして 病院に運び込んで ヤミ金業者「病院で死亡」という形に する。 医者が「死亡」と判断したということに すると 「他殺死体」でも「司法解剖」しなくてよいことになり 完全な自殺偽装が成り立つのである。
そのため 不自然に 再生医療センターのすぐ近くで 自殺していたという可能性はないのか? 5日に自殺した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の笹井芳樹副センター長(52)が残した遺書に、STAP細胞論文の筆頭著 者の小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダー(30)宛てがあり、その中で「限界を超えた。精神的に疲れました」などと記していたことが、関係 者への取材で明らかになった。

Previous Post

Comments are closed.